アフィリエイトの考え方

このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイトの私なりの考え方

初めてアフィリエイトをおこなう方は、最初は「お金を稼ぐこと」をあまり意識しない方が成功しやすいと思います。

私はアフィリエイト初心者の頃に、収益を得ることを目標に自分の好きでもないジャンルのサイトを作ったことがあるのですが、そういうサイトは作るモチベーションが全然続かなかったですし、書く記事もどこかテキトーになってしまいました(収益も月1万円もいってなかったと思います)。

そんな頃に収益が一番高かったサイトが、なぜか「みんなに楽しんでもらえればいいや」と半分遊びでやっていたブログで、月10万円ほどコンスタントに報酬があがっており、「あれ?なんでこのブログこんなにアクセス数あるの?」と不思議でしょうがありませんでした。

今ならその原因がよくわかりますが、「収益を得るためだけに作られたサイト」は「ユーザーに楽しんでもらう(ユーザーの役に立つ)ことを考えて作られたサイト」に、存在意義の点でもう勝負にならないのです

このことに気付いてから、私はアフィリエイトの方向性を大きく変え、「ユーザーが楽しめるサイト」「ユーザーの役に立つサイト」を目標にサイトを作るようになりました。

それからというもの、収益は毎年右肩上がりで増えていくようになり、現在に至るのですが、この経験からこれからアフィリエイトを始めるという方、またアフィリエイトでなかなか成果が出せないという方には、「ユーザーが楽しめるサイト」「ユーザーの役に立つサイト」を作ることをまず考えましょうとアドバイスしています。

アフィリエイトである程度稼いでいる方は、誰でもこの「ユーザーが楽しめるサイト」「ユーザーの役に立つサイト」を作るという理念は持っていると思うのですが、アフィリエイトで稼げていなかった頃の私には、この考え方が完全に欠けていました。

この理念を持った上でサイトを作れば、きっと素晴らしいサイトが完成します。そして収益も当然あとからついてきます。これがアフィリエイトに持っている私のイメージです。

サイトの作り方は大きくわけて2つ

私の知っているサイトの作り方は大きくわけると2つあります。それは…

好きなことのサイトを作る
収益を無視して自分の好きなジャンルのサイトを作ります。主に「ユーザーが楽しめるサイト」を作ることになります。(目標収益:月収10万円)
収益を重視したサイトを作る
収益を重視してジャンルを選びます。主に「ユーザーの役に立つサイト」を作ることになります。(目標収益:月収30万円)
このエントリーをはてなブックマークに追加


バックナンバー


ページトップに戻る